車の購入によって生じる費用は車両本体価格に、自動車取得税が付き、重量税や自賠責保険料は車検ごとに支払いが生じ、自動車税は自治体により毎年負担が生じます。
購入時には登録手数料や諸経費と言われる費用が掛かり、購入後に燃料負担やメンテナンスによる費用負担など維持費にも意外とお金が掛かります。
一般家庭を例にあげてみると、250万円の自動車をローンにより購入するとなると、3%から5%金利で、およそ25万円から33万円の金利負担が生じ、車両と合わせて280万円程度の支払いとなります。

ガソリン代の平均使用が一般家庭で1万円として、12か月で12万円それの5年で60万円、自動車税が3万円負担で15万円、車検が2回で16万円、自動車保険加入が5年間で25万として、その間の修繕費に5万円程度、高速道路料金や駐車料金などが5万円とすると、これだけでも少なく見積もって406万円の負担となります。
ここに、駐車場を月極めで借りれば、さらに負担が掛かります。
車を使用して移動する先では出費となることが多く、燃料費高騰の影響ももろに受けます。
自動車を購入することで高まる様々な危険性への負担も考えなければいけません。
自動車を持つことと持たないことで大きく負担が変わるのです。