日本では、原油として100%外国からの輸入に頼り、それを国内石油精製工場で精油してガソリンとして多くの国民が自動車燃料として使用しています。
燃料の価格が最近になって安くなると、原油価格の下落が影響しており、一般家庭では経済的負担が少ないのでありがたいです。
原油が先物市場で相場として取引が行われ、市場での需要と供給のバランスにより価格が変動します。
原油価格の下落は、日本のように100%原油の輸入を海外から行う国にとってはプラス要因となるのですが、円安傾向にかかわらず、原油価格が短期で下落を続ける現在、世界経済の金融市場でお金の流動性に不具合が生じることがあります。
                                                                                   

このように原油の影響に大きく社会経済が左右されるのですが、我々が生活の中で正しく知識を持ち、節約意識をもつことが良いでしょう。
燃料価格が安くなると自宅車両のすべてを満タンにしたり、灯油を買い込む人が多くなります。
しかし、時系列で原油が低くなると買い過ぎはかえって損となり、給油も燃料が空になるまで走る方が燃費面でも負担が軽くなります。
また、こまめにエンジンカットをしたり、不用意にスピードを上げないことなども経済的負担を抑えることとなります。