自動車は生活のさまざまな場面で活用することができるとても便利で魅力的な物ですが、誰もがその魅力を堪能できるというわけではありません。中には購入することに向いていない人もいるでしょう。自動車を買うことがデメリットとなってしまう人によくあるのが、生活圏内の交通の便が充実しているというものです。バスが頻繁に走っていたり、徒歩10分圏内に駅があるなど、移動手段がすぐ近くにある環境であれば、仕事に行ったりプライベートで出掛ける時に困ることはありません。車に乗る方が移動に時間がかかったり、お金がかかることもあります。
                                                                                  

車はとにかく維持費がかかります。ガソリン代はもちろんですが、駐車代や保険、車検、また思わぬ事故により修理代が発生することもあります。そういった費用をすべてカバーできるだけの安定した収入がある人でないと自動車の所有には向いていません。
その他、その人の意識も大切です。自動車は、一歩間違えれば命に係わる事故につながってしまうものです。交通ルールをしっかりと守れる責任感のある人や意志の強い人、運転技術に不安のない人でなければなりません。
無理をして手に入れて、あとで苦労してしまうことがないように、こういったことをよく考えて判断する必要があります。