車両保険は使った方がいいの?

| 未分類 |

自動車保険は自動車に乗ることで想定される様々なトラブルに対処する補償です。
保険内容が充実すればするほど、保険利用者が増えるため、近年利用者過多となり、掛け金も高くなり、利用者へのインセンティブも少なくするということとなりました。
利用者は3等級ダウンで、翌年からの割引率を少なくすることと、掛け金自体が高くなると、10万円程度の利用の場合保険を使わずに自費修理の方がお得となるのです。
とくに、近年、車両補償(車両保険)を設定する加入者が増加し、自損事故や壁や柱などの障害物にぶつけた場合にすぐに、車両補償を適用して修繕に回す人が多くなると、保険会社の負担する車両補償額が増加したことで、加入者負担を大きくしているのです。
                                                                                              

保険を利用しての修繕となれば、請け負った業者は、高い修理費用を請求してもお客さんから費用を回収するのではなく、保険会社に請求するため、問題なく高額な修繕費として回収できます。
万が一、自費で修理となれば、安く済ませることからリビルド部品などを使い板金修理も行われるでしょう。
しかし、すべて新品交換として工賃が割高でも保険会社への請求であれば、オーナーの負担が無いため、業者にとって儲けが大きくなります。
しかし、一方で、安易な利用者増加が、掛け金としての負担を大きくするものです。